BPK-etc : Raspbianの代表的アプリの使いかた

Raspbianアプリの使いかた

標準(最初から入っている)アプリ

nano
  • nanoは初心者向けのシンプルなテキストエディターです。テキストファイルを編集することができます。
  • コマンドプロンプトで下記のように入力することで起動できます。

  • ファイルの中身を書き換えるためには管理者権限が必要なので、行頭にsudoをつけます。
    • 現在のディレクトリに存在しないファイル名を指定した場合は新規の空のファイルが開きます。
  • キーボードショートカット
    • Ctrl + x
    • 終了。変更した場合はセーブするかどうか聞かれます。「Y」と答えるとファイル名が表示されますので、ファイル名を変えないのであれば、そのままリターンキーを押すことでセーブされ終了します。「N」と答えればセーブせずに終了します。
    • Ctrl + k
    • カーソル行をカットし、バッファに記憶します。その場で連打することで複数行をカット&記憶することができます。
    • Ctrl + uでカットした行をペーストします。
    • Ctrl + 6
    • カットの範囲選択開始。方向キーでカーソルをカットしたい最後の場所まで移動した後、Ctrl + Kでカット、Ctrl + 6でコピーできます。
    • Ctrl + Uでペーストできます。
    • Ctrl + c
    • カーソルのある行の行番号が表示されます。
    • Ctrl + w
    • ファイル内のキーワードの場所を検索します。
    • Meta + s
    • 行単位でのスクロールに切り替えます。MetaはMacではEscです。
    • Ctrl + v or y
    • 画面単位でのスクロール。vが上方向、yが下方向
    • Ctrl + a or e
    • 行内のカーソル移動。aで行頭、eで行末。
  • 起動オプション
    • -S
    • スムーズスクロールON