カメラで顔認識させてみる

・ここでは、べゼリーに内蔵したカメラで人間の顔を認識させてみます。

・顔の認識にはオープンソースの画像認識ライブラリ「Open CV」を使います。

準備

・「カメラを使ってみる」をクリアした状態(ラズパイカメラを接続し、HDMIディスプレイが接続された状態)にしておいてください。

サンプルプログラム sample_face1.py

・パソコンからの遠隔操作だと動画が表示されないことがあるので、ラズパイに直接つなげたキーボードとディスプレイで実行してください。(回避手段はありますが、ここでは説明しません)

・ディスプレイに表示されているカメラ画像の中に顔が収まると、赤い四角が表示され、べゼリーが喋るはずです。顔が画面からはみ出ていたり、傾いていたり、遠すぎると反応しません。
・終了したいときはキーボードの「q」ボタンを押してください。

ソースコード

 


Tips

・OpenCVのCVはComputer Visionの略です。

・べゼリー音声対話キットに付属しているmicroSDカードには予めOpen CVがインストールされていますが、自分でインストールする場合はコマンドラインから以下のコマンドを打ち込んでください。

・途中で何か聞かれたら「y」と答えてください。