スピーカーから声を出す

・スピーカーから声を出してみましょう。
・音声合成プログラムがインストール済みなので、好きな言葉を喋らせることができます。

 スピーカーの動作チェック

・スピーカーのステレオピンジャックがラズパイのイヤホン端子に、USBオス端子がラズパイのUSBメス端子に接続されていることを確認してください。

・念のため音がでるかどうか確認しておきましょう。

・スピーカーから女性の声で「フロント、センター」と鳴ったら成功です。

スピーカーの音量調整

・スピーカーのボリュームを調整したい場合は、以下のコマンドを打ち込んでください。

・「100%」のところを好きなボリューム値に変えてください。


sample_talk1.py

機能

・スピーカーから「こんにちは!」と発話します。

実行方法

ソースコード

解説

・8行目でインポートしている「subprocess」はpythonスクリプトの中でシェルスクリプトを実行することができるライブラリで、17行目で実際に使っています。
・11行目で音声合成プログラム「Open JTalk」の実行スクリプトのファイル名を変数に代入し、17行目で実行しています。

応用

・17行目の”こんにちわ”を好きな言葉に変えてみてください。
・英語を喋らせたくなったときのために、18行目に英語音声合成プログラム「flite」が仕込まれています。英語を喋らせたいときは17行目の行頭に「#」を加えてコメントアウトし、逆に18行目の行頭の「#」を削除してみてください。「Hello World」の部分は好きな英文に変えることができます。
・「flite」は声種を簡単に変更できます。18行目の「kal16」の部分を、19行目の他の名前(kal、awb_timeなど)に変えてみてください。


exec_openJTalk.sh

・上記の「sample_talk1.py」の17行目で使っている音声合成プログラム「Open JTalk」を起動するためのスクリプトです。

・このファイルのパラメータで声質や速度などを調整することができます。詳しい設定方法はOpen JTalk公式ページをご覧ください。