べゼリーの使いみち

①ラズベリーパイやpythonの勉強ができる

ロボットを組み立て、サンプルプログラムを動かしてみることで、ラズベリーパイやリナックスやpythonについて基本的なことを楽しく学習することができます。

付属の「べゼリーボードPi」は、ラズパイとサーボドライバーボード(サーボ)とアンプ(スピーカー)を簡単にに接続することができます。さらにスイッチやLEDや距離センサーや照度センサーなんかも接続できるので、当分は楽しめますね。

サインペンで好きな色に塗ることができます。頭部の穴に角やアクセサリーをつけてみるのもいいですね。箱もラズパイが入りさえすれば何でもいいので、好きなものに変えていいんです。べゼリーは自由なんです。

②持ち運んだり、身につけたりできる

べゼリーは小さいので肩に乗せることもできます。
ペットと散歩するように、ロボットといっしょに屋外を歩くことが、これからは日常的になるでしょう。今はまだ恥ずかしいですが。

③ビジネスにも活用できる

べゼリーを店頭に置けば、集客にも売上向上にも役立ちます。
例えば複数のべゼリーを店頭に並べ、商品について説明させてみてはどうでしょう?いろいろな観点の意見を聞くことで、顧客はより自主的に購入を決断することができるはずです。