必要なものをそろえよう

絶対必要なもの

ラズベリーパイ(ラズパイ、Raspberry pi)

全世界で2000万台以上が売れている大人気ワンボードマイコンです。USB端子にキーボードとマウス、HDMI端子にディスプレイを接続すれば、安価なパソコンになってしまいます。

べゼリーはRaspberry Pi 2以降の機種に対応しておりますが、特にコンパクトでパワフルな最新機種Raspberry Pi 3 model A+での使用をお勧めします。

ラズパイ用の電源アダプタ

ラズパイの電源に使われている端子はAndroidスマートフォンなどでよく使われているマイクロUSBなのですが、ラズパイは大きな電力を消費するため、「2.5A(アンペア)」以上の電流がながせるADアダプタと、太めのUSBケーブルを使うことをお勧めします。

・ラズパイ3用オフィシャルACアダプター5.1v 2.5A

SDカード

ラズパイのOSやプログラムを記録するメモリーです。
いろいろな種類があるので、迷ったら「16GB SDHC class 10 のmicro SDカード」を買いましょう。8GBだとちょっと不安ですが、初心者の用途なら32GB以上使うことはないでしょう。SDとかSDXCという規格もありますが、SDHCを選びましょう。ラズパイとSDカードの相性についてまとめられているページで緑色でOKと書かれたものを選べば確実です。

小型のプラスドライバー

ネジをしめるために使います。

あったほうがよいもの

上級者は使い慣れたパソコンから遠隔操作でラズパイを操ったりしますが、初心者はラズパイに直接つながるキーボード、マウス、ディスプレイをもっていたほうが何かと安心です。

キーボード、マウス

パソコン用のUSB接続タイプのものが使えるので、わざわざ新しく買うこともないと思いますが、あえて買うならタッチパッドがついたものを選ぶとマウスが不要なので接続が楽です。

・マイクロソフト キーボード ワイヤレスAll-in-One Media Keyboard N9Z-00029
・Logicool ロジクール ワイヤレス タッチキーボード K400pBK

HDMIディスプレイ

HDMI入力端子のあるパソコン用ディスプレイやテレビなら簡単につながります。HDMI端子が無くても、HDMI出力を入力するための変換アダプタや変換ケーブルがあればつながります。美しい表示とは言えませんが、HDMI入力が可能なカーナビ用モニターなら安いですし、ちょっとしたプログラミングなら十分です。

DBPOWER バックモニター 7インチ

HDMIケーブル

ラズパイのHDMI出力端子とつなぐためのケーブルも必要です。小さなディスプレイを使う場合は、細くて軽くて短いケーブルがお薦めです。

エレコム HDMIケーブル スーパースリム 0.7m

無線LAN環境

ラズパイ3以降、ラズパイzeroW以降はWi-Fi機能が内蔵されてますので、無線LANのアクセスポイントだけ用意してあげればインターネットに接続することができます。無線LAN環境が無いというひとは、無線LANルータを用意してください。

パソコン

少なくともラズパイ用のSDカードにOSをインストールするときには必要です。WindowsでもMacでもLinuxでも構いません。
その後は必須ではなくなりますが、あったほうが便利です。

あるとちょっと便利なもの

ラズパイには電源スイッチが無いので、スイッチつきUSBケーブルがあると便利です。

・スイッチ付きUSB Micro-B中継ケーブル