べゼリーボックスを組み立てよう

ベゼリー・ボックスのパーツを取り出しましょう。

左側面のパーツは2つあります。写真の右がRaspberry Pi Zero用で、左が他のRaspberry Pi用です。

底パーツに右側面パーツをとりつけます。向きに注意してください。

底パーツに左側面パーツをとりつけます。

前面パーツの向きにご注意ください。左側にスピーカーの穴、右側に2つの超音波距離センサーの穴がくるような向きにします。

側面パーツの下部には、クリップのような形状をした部分があります。ここが前面パーツと背面パーツをパチンと固定するわけです。

前面パーツの上の2つの穴に、側面パーツの突起を差し込みます。

前面パーツの下の2つの穴に、側面パーツのクリップ状の突起を押し込みます。

側面パーツの下側のクリップ状の突起を下から押して、前面パーツの穴に差し込みます。

蓋パーツの上に出ている突起が、蓋の回転軸になります。

側面パーツの角の穴が、蓋パーツの回転軸を入れる穴です。

蓋パーツの回転軸を、側面パーツの穴に差し込みます。

背面パーツの上の穴を、側面パーツの上側の突起に差し込みます。

背面パーツの下の穴に、側面パーツの下側のクリップ状の突起を押し込みます。

ベゼリーボックスの完成です。

ラズパイのタイプAを入れる場合はこの位置になります。付属の4組のボルトとナットで固定することができます。

ラズパイのタイプBの場合は、金属パーツの部分が外側にはみでた状態で固定します。

側面からケーブルが出せるようになっています。

ラズパイzeroの場合はケーブル端子の位置が他機種とは異なりますので、専用の左側面パーツを使ってください。